マンションを賃貸に出すにはまずは一括査定がおすすめです

❶賃貸に出すことでコストを抑えたり収入に
❷信頼できる業者複数の見積もりを一度に比較
❸代行業者は家賃の集金やクレーム処理、修繕など

代行業者は家賃の集金やクレーム処理、修繕など

仲介を依頼したら、その業者が自社のホームページや看板などで借主を募ります。この時点では、オーナーには費用負担等はありません。借主が見つかった時には、通常は仲介手数料として賃料の一か月分を借主が業者に支払います。ただ、近年では仲介手数料を無料にすることで借主を早く集めるといった方針のところもあり、この場合にはオーナーが負担することになります。その後は賃料を直接借主から受け取ることになりますが、遠方であったり、物件が多い場合などは、管理を代行業者に依頼することもあります。代行業者は家賃の集金やクレーム処理、修繕などを行い、所定の手数料を差し引いて賃料の残りをオーナーに支払うという流れになっています。仲介業者がこれらの手続きも行ってくれることがありますので、遠方にお住いの場合には、見積もりを取る際に管理代行業者を紹介してもらったり、継続して管理も依頼できるかを確認しておいた方がよいでしょう。 なお、一括査定を利用して、どこの業者にも手続きを申し込まなかったという場合でも、余分な費用が発生することはありません。簡単に業者を探して見積もりを取りたいという場合には、どんどん活用してみることをお勧めします。


トップに